フォーラムソラ:検証の旅

小林けん

Profile

◆感動体験プロデューサーの
小林けんです。
~地球と共に生きる~
これが私のモットーです。

■2002年よりフォーラムソラを主宰。
『感動体験の舞台・地球』
この奇跡の星により良い環境を残すには?
人間本来の使命と役割を探し求め、地球を股にかけた温故知新の旅【検証の旅】を展開中です。
このブログを通じ、一人でも多くの皆さんと価値共有できれば幸いです。
■地球と共に生きる/since2002

Facebookページ

人気記事

サイト内検索

rss

RSSフィード購読はこちらから

Twitter

google

小林けん のフィード購読はこちら



■『検証の旅 出雲 ~スサノヲの真実に迫る~』レポート・サマリーはこちら



■フォーラムソラ待望の一冊『検証の旅』。誕生秘話から進むべき道が明らかに♪

★☆『検証の旅』kindle版の購読はこちら☆★


第178回フォーラムソラ[木内鶴彦フォーラム]の様子



第178回フォーラムソラ定例会を開催しました

皆さん、こんにちは。
本年初のフォーラムソラ定例会を開催しました。

 

今回の木内フォーラムでは、

この先の日本が、
そして世界が、
どのような道を辿ろうとしているのか?

 

私たちが、
この荒波に飲み込まれないためにも、
日々心掛けておかなければならないこととは?

子や孫、
その先の世代まで、

 

未来永劫、
明るい未来を築いて行くために、

 

今、一人ひとりが
意識しなくてはならない感性とは?

そして、
忘れてはならない人類の使命とは?

世界で、
日本で、
いったい何が始まろうとしているのか?

はたまた、
地球は何を及ぼそうとしているのか?

それらについて、
木内鶴彦さんの知り得る情報、
木内鶴彦さんの見てきた未来、
木内鶴彦さんと私たちが共にやるべき事、

それらについて、
今回は、木内さんに存分にお話しして頂きました。

また、
今年、久しぶりの開催となる「検証の旅」について、
その企画意図と概要をお伝えしました。

 

懇親会は前回大変好評だった
「月島もんじゃストリート」に繰り出し、
熱気むんむんの「もんじゃ焼き大会」を楽しみました。

 


検証の旅について

今年の目玉となる「宇宙(そら)の旅・国内編」について、
その調査内容を公開しました。
今回の検証の地は「五島列島(長崎県)」となりました。

 

実施日は5月19日(土)~21日(月)の3日間。
●19日(土)早朝:上五島に上陸(福岡港発・夜間フェリーにて)
●上五島~下五島までを3日間にわたり調査。
●宇宙(そら)の記憶、磐座や巨石文明、神話との融合性、ジオパークから紐解く地球規模の天変地異を隈なく検証。
●21日(月)夕刻:福江島にて解散

 

 

 

■木内フォーラム 

1.全ては意識で変えられる

頭の中で巡る意識は5次元に繋がっています。
それが歪みを作り、情報となり3次元へとつながっています。
意識によって体調もコントロールすることができますし、意識であらゆるものは変えられると考えています。





2.生命が誕生するための条件

生命が誕生した時の地球の環境は、今の地球環境とは異なっていたと推測しています。
おそらく、今よりも「引力が強くて、重力が弱い条件」だったと思うのです。
なぜ、条件が今と違うのか?といえば、それには月が大きく関わっていたと考えています。
また、その条件でなければ、地球上の水は十分な活性力を帯びません。
そこで宇宙(そら)の記憶の体験で見てきたことを基に研究したのが「太古の水」なのです。

 


3.未来型の村

これから年代別の人口分布の在り方や、経済システムの在り方が大きく変わってきます。その中で、私たちは生きていかなくてはなりません。
ここで皆さんに質問です。
皆さんは(1)と(2)なら、どっちを選びますか?
 (1)仕事が半分に減る
 (2)給料が半分に減る

どっちも悩むところですが、会社内で農業を行い、
半分はお金、半分は食べ物を支給する形を考えてみてはどうでしょう。
こうなると、いいものを作り始めたり、お互いに食べ物を交換し始めたり、余った時は外とやり取りを始めるかもしれません。

そうすると、低農薬、有機栽培などの方法を率先して取り入れるはずですし、長持ちさせる必要がなければ、無農薬で新鮮なものが当たり前になるはずです。
そんな新しい価値観、概念を持って小さな村を作ってみると、意外に早く既成概念から抜け出し、未来志向の循環型社会への扉を開くことが出来ると思うのです。

 

 

 

4.地球人としての目覚めが必要

オリンピックがいよいよ始まりますが、南北問題も相まってザワザワしているのは確かです。

しかし、そんなことを気にするよりも、私たちは東日本大震災からの学びをしっかりと受け止め、国を挙げて取り組むことに意識を注ぐべきです。
まだ原発の後処理は解決しておらず、未だに悪影響を及ぼしていますが、メディアもすっかり忘れてしまったかのように、まったく取り上げていません。

このままでは、国際的に「信用出来ない日本」となりかねません。
今回の惨事とその教訓を世界に、人類に、未来に伝えることが日本の役目ではないでしょうか?

私は、人間・社会・地球環境の持続可能な発展を願っていますし、自らの使命は太陽エネルギーのサステナビリティ化とその実用化です。

地球ではさまざまな人々が、寄り集まって暮らしていますが、それ自体が地球のバランスを取るための役割を担っていることなのです。
私たちは、それぞれの能力のために、それぞれの目的のために生物として誕生しています。
私たちは、地球人としての目覚めと自覚を持って、この星に暮らして行きたいと思うのです。


 

 

5.「宇宙(そら)の旅・五島列島」について

しばらくお休みしていた「宇宙(そら)の旅」ですが、検証先として当初は「隠岐の島」を考えていましたが、いろいろ進める中で「五島列島」に落ち着きました。

フォーラムソラでは、かつてイザヤの軌跡をたどり、長崎・平戸~島原半島、徳島・剣山と検証を何度も行いました。

この五島列島もまた、イザヤの軌跡にかかわる地ではないか?との考えが芽生えました。

また聖徳太子の時代、大陸を目指す遣唐使たちは、この島で大海原を渡るための風を待ちました。そして唐から帰国した弘法大師空海が立ち寄ったのも、この島でした。

さらには、『古事記・神代篇」に出てくる沢山の神名が五島にある多くの地名と極めてよく似ていることなどから、五島列島が「古事記」に出てくる高天原であり、神代の物語は五島列島で起きた出来事という説もあります。

五島は太古より人々が祈りを捧げていた島です。
暦として存在したストーンサークルや、祈りの対象だった磐座が次第に神社へと変化していきました。
もしも、そこに鏡岩が見つかれば、それは光通信を行っていた形跡となるでしょう。

今回、実際にこの地に赴き、あの「宇宙(そら)の記憶」に再びアクサスすることで、その時代にどんな人がいたのか?また、どんなことをしていたのかが解ってきます。

私が生死を彷徨って見てきたものが、果たして正しかったのかどうかを、皆さんと共にじっくり検証してみたいと思います。

 

 

 

■懇親会

・今年の新年会は前回好評だった「月島もんじゃストリート」で開催しました。
・東京にいても、なかなか行けない月島ですが、今回は貸切で満員御礼となりました!
・みんなで鉄板を囲んで、もんじゃ焼き・お好み焼き・鉄板焼きを堪能しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■次回のフォーラムソラのお知らせ

(1)「検証の旅・五島列島」説明会

●3月24日(土) 14時~17時 (開場:13時30分~)
●「検証の旅・五島列島」説明会開催
参加費無料
●予約制(30名限定)
●フォーラムソラ主宰の小林より詳細を説明します。
●合わせて「今さら聞けない質問コーナー」を開催。
※木内鶴彦さんのこと、生死を彷徨った木内体験について、太古の水について・・・あらゆる質問にお答えします。
※木内鶴彦先生はお休みとなります。

※参加希望の方はフォーラムソラ事務局までメールでお問い合わせ下さい。
 sora2002●forumsora.com (●を@に変えて下さい)

 

(2)次回の「木内フォーラム」

次回の木内フォーラム(フォーラムソラ定例会)は2018年4月14日(土)となります。
参加希望の方はフォーラムソラ事務局までメールでお問い合わせ下さい。
sora2002●forumsora.com (●を@に変えて下さい)

日  時:2018年4月14日(土) 14時~17時
     (13時30分受付開始)
会  場:港区商工会館
住  所:東京都港区海岸1丁目4−28
地  図:JR浜松町南口S4階段出口から徒歩5分
参加条件:予約及び参加費の事前振込が可能な方
     木内鶴彦先生の活動、ForumSORAに賛同できる方
参加費用:会員3000円、非会員4000円
     (事前振込となります)
太古の水:会場にてお渡ししております
     (特別割引有り、事前振込となります)
備  考:終了後、懇親会を行います
     (4000円程度、事前振込となります)

======

第177回フォーラムソラ定例会の様子
第176回フォーラムソラ定例会の様子
2018年フォーラムソラ・スケジュール



こちらも合わせてお読みください


小林けん のフィード購読はこちら

■待望の一冊『検証の旅』発表

著者:小林けん/フォーラムソラ主宰
監修:木内鶴彦/彗星捜索家.臨死体験者

 ◆「検証の旅」立読みコーナー

■フォーラムソラについて

■オブザーバー木内鶴彦

■生き方は星空が教えてくれる

フォーラムソラのオブザーバー木内鶴彦さんの著書。“地球と共に生きる”すべての人に気づきを与える想像を絶する一冊。

■スケジュール

■カテゴリー