フォーラムソラ:検証の旅

小林けん

Profile

◆感動体験プロデューサーの
小林けんです。
~地球と共に生きる~
これが私のモットーです。

■2002年よりフォーラムソラを主宰。
『感動体験の舞台・地球』
この奇跡の星により良い環境を残すには?
人間本来の使命と役割を探し求め、地球を股にかけた温故知新の旅【検証の旅】を展開中です。
このブログを通じ、一人でも多くの皆さんと価値共有できれば幸いです。
■地球と共に生きる/since2002

Facebookページ

人気記事

サイト内検索

rss

RSSフィード購読はこちらから

Twitter

google

小林けん のフィード購読はこちら



■『検証の旅 出雲 ~スサノヲの真実に迫る~』レポート・サマリーはこちら



■フォーラムソラ待望の一冊『検証の旅』。誕生秘話から進むべき道が明らかに♪

★☆『検証の旅』kindle版の購読はこちら☆★


第179回フォーラムソラ開催のご案内



 

第179回フォーラムソラ定例会を開催

 

2018年3月24日(土)開催
第179回フォーラムソラ定例会は

【検証の旅・五島列島】説明会となります。
(参加費無料)
(木内先生はいらっしゃいませんので、ご了承ください。)

来る、5月19日(土)~21日(月)の3日間
恒例の「検証の旅」に繰り出します。

木内鶴彦先生と共に、
木内先生が生死を彷徨い体験した、
宇宙(そら)の記憶を辿る旅です。

今回の検証先は「五島列島(長崎県)」に決定しました。

■五島列島:検証のポイント

●ポイント1:
「古事記・神代篇」に出てくる沢山の神名が五島にある多くの地名と極めてよく似ていることなどから、五島列島が、「古事記」に出てくる高天原であり、神代の物語は五島列島で起きたこという説もあります。

●ポイント2:イザヤ(イエス)が四国・剣山に辿り着くにあたり、平戸、諫早、島原半島(小浜)に立ち寄った軌跡を過去の「検証の旅」で辿りましたが、その軌跡の始まりに「五島列島」があったのではないかとも考えています。

●ポイント3:
今回の「検証の旅:五島列島」では、木内先生が気になる場所を、実際に木内先生と共に赴き、生死を彷徨った「宇宙(そら)の記憶」を辿りながら、木内先生の視点による検証と追体験を行います。

●ポイント4:
さらに、地元の歴史研究家にもご協力頂き、古くからの伝承事や神話、迷信、古文書情報などを加えながら、五島に潜む巨石遺跡やピラミッド、神社やパワースポット、外来文化の影響や風習なども手掛かりに加え、「五島列島:古代史ミステリー」を解き明かすべく、時空を超えた冒険の旅へと繰り出します。

 

■検証の旅:五島列島 概要

●日  程:5月19日(土)~21日(月) 3日間
●集合時間:5月19日(土) 10時30分
●集合場所:長崎港ターミナル
●解散時間:5月21日(月) 16時50分
●解散場所:佐世保港ターミナル
●参加定員:15名
●参加費用:88,400円
●含まれるもの:集合場所から解散場所までの移動・交通費、宿泊、食事、ガイド代等の一切。
●含まれないもの:集合場所まで、解散場所からの移動交通費、個人的な飲料代や諸費。

~~備考~~
※各都市~長崎港までの飛行機、新幹線、バス等の移動は各自でご手配ください。
※佐世保港~各都市までの飛行機、新幹線、バス等の移動は各自でご手配ください。

~~予約方法~~
※参加希望の方はフォーラムソラ事務局までメールにてご連絡ください。
※連絡先:sora2002●forumsora.com (●を@に変えてください)
※折り返し申込要綱をお送りいたします。

■おもな旅の検証先

☆福江島
・小田膳棚石
・諏訪神社
・大窄和田
→古神道に基づく検証先

・鬼岳
→五島のシンボル


・亀甲石舞台
→溶岩流の先端が盛り上がり節理(割れ目)ができた珍しい地形、ジオパーク。

・勘次ヶ城跡
→倭寇の時代の遺跡では?と考えられている大きな石組。八幡瀬(ばはんぜ)と呼ばれる沖の瀬もあり、敵が進入しにくい地形を利用した太古の遺跡か?

・観音平の岩屋観音
・堂崎教会
・六方の浜
→タマネギ状の岩で塩製造の跡地らしきもの。塩神様の石も存在。
→キリシタンが途絶えた五島に外海(現在の長崎市)から移住者によってキリシタンが復活した場所。

☆嵯峨島
・男岳火口
・女岳
・千畳敷
→嵯峨島は全島が女岳と男岳による溶岩と凝灰岩に形造られている。
→千畳敷は女岳と男岳の接合部分で、地球の形成、地質現象を知ることができる。

☆野崎島
・王位石(おえいし)
→謎の巨石。人が造ったのか、自然のものか?まったく分かっておらず、多くの伝説が伝えられる神秘的空間。

・沖の神島社
→日本が白村江の戦いで朝鮮に敗れて以降、遣唐使船は朝鮮半島経由から五島経由の直行便で中国に向かった。
→その安全祈願のために創建された神社の一つ。

☆小値賀島
・地の神島社
→野崎島「沖の神社」と向い合せに造られた。

・神方古墳
→五島列唯一の古墳(6~7世紀)で、日本創生の国生み神話「古事記」で大八島の次に生んだ6島のうち、値嘉の島、両児島に関連する一説のある場所。

などなど、
検証ポイントをめぐり、地球創生、倭人の歴史、太古の遺跡、異文化との交流の姿を読み解いで行きます。
※状況により、一部検証先の変更が生じる場合があります。

 

■第179回 定例会の詳細

今回の定例会は5月に催行する「検証の旅・五島列島」の説明会です。
旅の魅力をじっくりお伝えします(参加費無料)!
どなたでも参加できますので、お気軽にご参加ください。
※「今さら聞けない質問コーナー」あり。
※いつも疑問に思っていたアレコレを解消しましょう。
木内先生はいらっしゃいません。
次回の木内フォーラムは4月14日となります。

[日時]2018年3月24日(土) 14時~17時
[受付]
13時30分~
[会場]港区商工会館

[住所]東京都港区海岸1丁目4-28
[交通]JR浜松町南口S4階段出口から徒歩5分
http://www.forumsora.com/wp-content/uploads/2017/04/S4deguchi.jpg

●参加条件:事前予約が可能な方、木内鶴彦氏の活動、ForumSORAの活動に賛同できる方
●参加費用:無料
●太古の水:会場にてお渡ししております(フォーラムソラ会場割引あり、事前振込となります)
●備 考:フォーラム終了後、懇親会を行います(実費精算、3700円程度)

参加希望の方はフォーラムソラ事務局までお問い合わせください。
sora2002●forumsora.com (●を@に変えてください)

 

■次回 木内フォーラムのご案内

4月14日(土) 14時~
・「検証の旅・五島列島」で確かめたいこと?
・「聖地・剣山」に世界の聖人が目指した意味とは?
・「イザヤ(イエス)」は生きていたのか?日本に来たのか?
・その他・・・。

 

【第180回 フォーラムソラ定例会】
●日 時:2018年4月14日(土) 14時~17時(13時30分受付開始)
●会 場:港区商工会館
https://minato-shoukou.jp/access
●住 所:東京都港区海岸1丁目4-28
●地 図:JR浜松町南口S4階段出口から徒歩5分
http://www.forumsora.com/wp-content/uploads/2017/04/S4deguchi.jpg
●参加条件:予約及び参加費の事前振込が可能な方、木内鶴彦先生の活動、ForumSORAに賛同できる方
●参加費用:会員3000円、非会員4000円 (事前振込)
●太古の水:会場にてお渡ししております (特別割引有り、事前振込)
●備 考:終了後、懇親会を行います (3700円程度、事前振込)

参加希望の方はフォーラムソラ事務局までお問い合わせください。
事務局:sora2002●forumsora.com (●を@に変えてください)

 

======

第178回フォーラムソラ定例会の様子
第177回フォーラムソラ定例会の様子



こちらも合わせてお読みください


小林けん のフィード購読はこちら

■待望の一冊『検証の旅』発表

著者:小林けん/フォーラムソラ主宰
監修:木内鶴彦/彗星捜索家.臨死体験者

 ◆「検証の旅」立読みコーナー

■フォーラムソラについて

■オブザーバー木内鶴彦

■生き方は星空が教えてくれる

フォーラムソラのオブザーバー木内鶴彦さんの著書。“地球と共に生きる”すべての人に気づきを与える想像を絶する一冊。

■スケジュール

■カテゴリー