フォーラムソラ:検証の旅

小林けん

Profile

◆感動体験プロデューサーの
小林けんです。
~地球と共に生きる~
これが私のモットーです。

■2002年よりフォーラムソラを主宰。
『感動体験の舞台・地球』
この奇跡の星により良い環境を残すには?
人間本来の使命と役割を探し求め、地球を股にかけた温故知新の旅【検証の旅】を展開中です。
このブログを通じ、一人でも多くの皆さんと価値共有できれば幸いです。
■地球と共に生きる/since2002

Facebookページ

人気記事

サイト内検索

rss

RSSフィード購読はこちらから

Twitter

google

小林けん のフィード購読はこちら



■『検証の旅 出雲 ~スサノヲの真実に迫る~』レポート・サマリーはこちら



■フォーラムソラ待望の一冊『検証の旅』。誕生秘話から進むべき道が明らかに♪

★☆『検証の旅』kindle版の購読はこちら☆★


「検証の旅 マヤ」からの手紙+9 「雨の神の顔で埋め尽くされた神殿 」




2015/01/11 おはようございます。

★「検証の旅 マヤ」からの手紙+9

 

「雨の神の顔で埋め尽くされた神殿 」

カバー遺跡はマヤの「気象観測センター」だった。雨の神チャックへの雨乞いと感謝の聖地。


「検証の旅 マヤ」 bit.ly/maya2003

ユカタン半島の主要都市メリダの南に点

在する遺跡群の中で、雨の神チャックの

顔の壁面「コズ・ポープ」で知られてい

るのがカバー遺跡。

カバー遺跡の最大の特徴は、写真のよう

な雨の神チャックの顔を現した切り石細

工に覆われた巨大な壁面が残されている

こと。丸い部分がチャックの眼で、ほと

んどが折れている鼻とギザギザの口がつ

いている。

この顔1つが30もの石のパーツの組み合

わせてできているそうだが、壁面全体で

は300近くの顔がある、裏を返せば、そ

れだけこの地方では水が重要だったとい

うことになる。

チャックの鼻には下向きと上向きがあり、

上向きは雨乞いの意味、下向きは雨に感

謝という意味だという。

更なる検証を重ねるために、9月19日~

私達は木内鶴彦さんと共に、メキシコ・

マヤへ、再度「検証の旅」に挑みます♪

(写真@カバー遺跡・チャックの顔)

~~~

1月:17日(土)定例会 bit.ly/fs156event

4月:検証の旅・対馬or出雲or滋賀

9月:検証の旅・メキシコ マヤ 2015

「2015スケジュール」 bit.ly/2015_all

※共感できたら、いいね、コメントを

お寄せ下さい。シェアも大歓迎です♪

——-

みなさん、おはようございます。

今日の東京は最高のお天気になりました。

でも風は冷たいので、マスクとマフラー

で体を守ってくださいね♪

★お礼★

たくさんの いいね・コメント・シェア、

いつもお寄せ頂き有難うございます。

なかなかおやお返、ご挨拶ができず

ごめんなさい。Please forgive me.

=====

◎フォーラムソラ 主宰

 体験感動プロデューサー 小林ケン

=====

 



こちらも合わせてお読みください


小林けん のフィード購読はこちら

■待望の一冊『検証の旅』発表

著者:小林けん/フォーラムソラ主宰
監修:木内鶴彦/彗星捜索家.臨死体験者

 ◆「検証の旅」立読みコーナー

■フォーラムソラについて

■オブザーバー木内鶴彦

■生き方は星空が教えてくれる

フォーラムソラのオブザーバー木内鶴彦さんの著書。“地球と共に生きる”すべての人に気づきを与える想像を絶する一冊。

■スケジュール

■カテゴリー