フォーラムソラ:検証の旅

小林けん

Profile

◆感動体験プロデューサーの
小林けんです。
~地球と共に生きる~
これが私のモットーです。

■2002年よりフォーラムソラを主宰。
『感動体験の舞台・地球』
この奇跡の星により良い環境を残すには?
人間本来の使命と役割を探し求め、地球を股にかけた温故知新の旅【検証の旅】を展開中です。
このブログを通じ、一人でも多くの皆さんと価値共有できれば幸いです。
■地球と共に生きる/since2002

Facebookページ

人気記事

サイト内検索

rss

RSSフィード購読はこちらから

Twitter

google

小林けん のフィード購読はこちら



■『検証の旅 出雲 ~スサノヲの真実に迫る~』レポート・サマリーはこちら



■フォーラムソラ待望の一冊『検証の旅』。誕生秘話から進むべき道が明らかに♪

★☆『検証の旅』kindle版の購読はこちら☆★


フォーラムソラ第156回 新春定例会のご案内<木内鶴彦フォーラム>



 


 

2015年1月11日
フォーラムソラ主宰 小林ケン です。

皆さん、こんにちは。
三連休の中日ですが、いかがお過ごしでしょうか?

太平洋側は全国天気に晴れのようです。
ここ千葉県市川市からも、富士山が綺麗に見えています。
日本海側は、雪のところが多いようです。
どうぞ、足元にご注意くださいね。

さて、
1月17日(土)は新春フォーラムソラ定例会です。
木内鶴彦さんが感じ取る、
「今年の日本の流れ、世界の流れ」はいかがなものでしょうか?

また、
「循環型の社会構造」を目指す木内プロジェクトの進展は?!

ともあれ、
ツイッターや、フェイスブック等に代表される、
SNS(ソーシャル・ネットワーク・システム)の普及により、
私達生活者でも、大きな影響力を持てる時代となったのは事実です。

そのためにも、
今こそ、木内鶴彦さんのモノの捉え方、考え方を理解し、
・真の生態系中心の地球
・循環型の経済システム
・地球における人類の使命

それらを価値共有できる「人的ネットワーク」を形成しておく必要があるのです。

そのリーダー的役割を持つのが、
フォーラムソラ・メンバーの皆さん、
フォーラムソラ・ファンの皆さんだと、私は思っています。

来たるべき、
「木内ワールド創造」の扉が開く時。

まさに、
その時を支える為の、準備をしておきたいと思います。

まずは、
1月17日(土)、今年初の「価値共有の機会」としませんか。

今回の会場は、
「中央区勝どき区民館」となります。

お間違えの無いよう、どうぞ宜しくおねがいします。

※終了後は、みんなで新年会へと繰り出します♪
場所柄、お好み焼きともんじゃなんなもいいですね。

皆さんのお越しを、心からお待ちしております。

お申込みはこちら 
==========
■ 詳 細 ■
<フォーラムソラ第156回定例会>
~木内鶴彦フォーラム:2015年の展望~

日時:1月17日(土)14時~17時(受付開始13時30分~)
会場:中央区勝どき区民館(和室)
地図:http://bit.ly/1skvKRO
住所:東京都中央区勝どき一丁目5番1号
電話:03-3531-0592
交通:地下鉄大江戸線勝どき駅下車A1出口 徒歩2分
参加費:会員3000円、非会員4000円
会員費:登録費1000円、年会費2600円
特典:会員同伴の初参加者:会員共々2500円
(2名以上の場合は会員共々2000円)

■こちらもご覧ください■
・フォーラムソラ第155回定例会の様子
http://bit.ly/155th1213
・フォーラムソラ2014年忘年会の様子
http://bit.ly/2014_party
・「検証の旅メキシコマヤ」からの手紙
http://bit.ly/maya_letter

━━━━━━━━━━
☆フォーラムソラ事務局
sora2002@forumsora.com
TEL:090-3346-2800(小林ケン)
FAX:050-3588-0937
公式ブログ: http://forumsora.com
公式FB: http://facebook.com/forumsora
公式サイト: http://www.geocities.jp/forumsora
━━━━━━━━━━

 



こちらも合わせてお読みください


小林けん のフィード購読はこちら

■待望の一冊『検証の旅』発表

著者:小林けん/フォーラムソラ主宰
監修:木内鶴彦/彗星捜索家.臨死体験者

 ◆「検証の旅」立読みコーナー

■フォーラムソラについて

■オブザーバー木内鶴彦

■生き方は星空が教えてくれる

フォーラムソラのオブザーバー木内鶴彦さんの著書。“地球と共に生きる”すべての人に気づきを与える想像を絶する一冊。

■スケジュール

■カテゴリー