フォーラムソラ:検証の旅

小林けん

Profile

◆感動体験プロデューサーの
小林けんです。
~地球と共に生きる~
これが私のモットーです。

■2002年よりフォーラムソラを主宰。
『感動体験の舞台・地球』
この奇跡の星により良い環境を残すには?
人間本来の使命と役割を探し求め、地球を股にかけた温故知新の旅【検証の旅】を展開中です。
このブログを通じ、一人でも多くの皆さんと価値共有できれば幸いです。
■地球と共に生きる/since2002

Facebookページ

人気記事

サイト内検索

rss

RSSフィード購読はこちらから

Twitter

google

小林けん のフィード購読はこちら



■『検証の旅 出雲 ~スサノヲの真実に迫る~』レポート・サマリーはこちら



■フォーラムソラ待望の一冊『検証の旅』。誕生秘話から進むべき道が明らかに♪

★☆『検証の旅』kindle版の購読はこちら☆★


『検証の旅 剣山・土佐神社 2014』のご案内



 

【検証の旅 剣山・土佐神社 2014】のご案内

 


【スケジュール/検証の旅 剣山・土佐神社 2014】

5/16(金)

高松空港集合
神明・白人神社 検証
石尾神社 検証
三木家 検証
特別フォーラム その1

5/17(土)

剣山 検証
西島神社
次郎笈の鏡石
メンヒル列席
キリストの祠
特別フォーラム その2

5/18(日)

かずら橋
祖谷・歴史民俗資料館
土佐神社 検証
桂浜 見学
高知龍馬空港 解散

※高松空港集合、高知龍馬空港解散
※フォーラムソラ会員限定
※詳細のお問い合わせはこちら 

 

【検証の旅 剣山・土佐神社 2009】の感想はこちら

 
————–
 

「検証の旅 剣山・土佐神社 2009」

「検証の旅 剣山・土佐神社 2009」 の様子はこちら 

<旅の目的>
1)剣山登山
・聖者が目指した剣山を実際に歩き、パワーを体感
2)聖者の洞の検証
・11年周期の光柱現象を待った聖なる洞の確認
3)アーク伝説の手がかりを検証
・地元に根強く語り継がれるアーク伝説の確認
4)「宇宙の記憶」の検証
・土佐神社における「つる」サインの確認
5)剣山周辺に残る名所旧跡の検証
・スサノオとアマテラスの奇跡の確認
・先史文明や日猷同祖説の確認
 
<解説>
2003年の「検証の旅」から6年が経過していました。

フォーラムソラの主だったメンバーも世代交代を遂げ、
2003年の検証の旅を知る人が少なくなっていたのです。

木内さんの臨死体験から学びを得るうえで、
「剣山」と「土佐神社」の検証は大変重要な意味を持ちます。

そういう点からも、私達は再度「剣山・土佐神社」を訪ねることにしました。
今回は地元・剣山研究者の第一人者であり、
私達のナビゲーターでもある粟飯原のはからいで、
剣山周辺の重要ポイントも検証することができました。

「検証の旅」の最後になんと一羽のカラスが現れ、
私達の周りを飛びはじめました。
50年近く剣山を上っている粟飯原さんでさえも、
頂上でカラスを見たのは今回が初めてとあり、
興奮をおさえるこが出来ませんでした。
「検証の旅 剣山・土佐神社 2009」 の様子はこちら 

 

「検証の旅 剣山・土佐神社 2003」 

「検証の旅 剣山・土佐神社 2003」 の様子はこちら 

<解説>
フォーラムソラ初の本格的な国内「検証の旅」。

多くの期待を集め、総勢40名で挑みました。
台風4号が四国を過ぎ去るのを待って登山に挑む。
なんと台風が舞い戻り、剣山上空で温帯低気圧に!
珍事のなかでのアタックでした。

本来なら2~3000人は訪れる観光スポットの剣山。
その日ばかりはすべての観光客をシャットアウト。
なんと、この霊山をその日登ったのはフォーラムソラの面々
だけだったのでした。

頂上に辿りついたその時、
風速40メートルはあろうかという突風が吹き荒れ、
そのおさまりと共に台風は温帯低気圧へと変化。
私もいままで何度もこの「検証の旅」で不思議な現象を
見てきましたが、あれほどまでに自然の力と膨大な意識が
リンクしている現象を体感したのは初めてでした。
「検証の旅 剣山・土佐神社 2003」 の様子はこちら 

 

 

 



こちらも合わせてお読みください


小林けん のフィード購読はこちら

■待望の一冊『検証の旅』発表

著者:小林けん/フォーラムソラ主宰
監修:木内鶴彦/彗星捜索家.臨死体験者

 ◆「検証の旅」立読みコーナー

■フォーラムソラについて

■オブザーバー木内鶴彦

■生き方は星空が教えてくれる

フォーラムソラのオブザーバー木内鶴彦さんの著書。“地球と共に生きる”すべての人に気づきを与える想像を絶する一冊。

■スケジュール

■カテゴリー