フォーラムソラ:検証の旅

小林けん

Profile

◆感動体験プロデューサーの
小林けんです。
~地球と共に生きる~
これが私のモットーです。

■2002年よりフォーラムソラを主宰。
『感動体験の舞台・地球』
この奇跡の星により良い環境を残すには?
人間本来の使命と役割を探し求め、地球を股にかけた温故知新の旅【検証の旅】を展開中です。
このブログを通じ、一人でも多くの皆さんと価値共有できれば幸いです。
■地球と共に生きる/since2002

Facebookページ

人気記事

サイト内検索

rss

RSSフィード購読はこちらから

Twitter

google

小林けん のフィード購読はこちら



■『検証の旅 出雲 ~スサノヲの真実に迫る~』レポート・サマリーはこちら



■フォーラムソラ待望の一冊『検証の旅』。誕生秘話から進むべき道が明らかに♪

★☆『検証の旅』kindle版の購読はこちら☆★


フォーラムソラ4月定例会の様子(2014/4/19)



2014年4月19日(土)
第146回定例会を開催しました。

 

今回はいよいよ来月に迫った
「検証の旅 剣山・土佐神社」前の
最後のフォーラムということで、
「剣山、土佐神社」を検証することの
意義について考えました。

 
【フォーラムのテーマ】
1:『剣山はなぜ、世界の聖地となったのか?』
2:『土佐神社で蘇る時空を超えた意識の記憶?』
−−−−−−−−−
まずは、フォーラムソラ主宰者のわたくし小林より、
過去2回の「検証の旅 剣山・土佐神社」が
いったいどんな旅だったのか?を
お話させていただきました。
−−−−−−−−−
 
特に今回は、2009年に催行した
第二回「検証の旅 剣山・土佐神社」に
スポットを当てました。

常に検証の旅では、国内・海外を問わず、
予想もしなかった自然現象や怪現象が
起こるのですが、
2009年の剣山では、
なんと神の使者とも言われる烏が
私達の前に姿を現しました。
その時の秘蔵VTRをみんなで観賞してみました。
 
 
その映像のダイジェストがこちらです。↓↓↓
神武天皇と八咫烏の絵をを彷彿とさせる、
その烏の登場シーンには目を疑うばかりです。
私達を引率してくれている、
地元研究家の粟飯原さんでも、
「剣山頂上でカラスと遭遇したことは、
かつて一度たりともなかった」そうです。
 
YouTube Preview Image

神武天皇と八咫烏



剣山が、なぜ、そんなにも
世界の聖人や賢者を狂わせたのか?

なぜ、夢中にさせたのか?
木内さんから、
思いもよらぬ話が飛び出してきました。
 
 
実は11年周期で太陽の活動が
活発になることが分かっています。
 
そのとき、月の潮汐運動や気圧の変動をうけ、
地球内部も活発化します。

 
そして、内部のエネルギーが放出され
磁界が発生します。

それに伴い磁界が発生し、太陽からやってくる
電子がからみつくと発光現象が生じます。
 
さらに、夜中になると光の柱が
宇宙に向かって発生します。

 
つまり、剣山山頂から宇宙に向かって
白く輝く光の柱が建つことから、
アークの霊山、アーク伝説が誕生しました。
それが剣山とよばれる由縁です。 
 
 
その当時、世界の聖人聖者の間で、
この光柱に乗って昇天することが
流行った(ステータスだった)のです。
11年に一度ですから、
来たるときのために聖人達は祠を掘り、
思い思いに修行を重ねたのでした。
 
今回の旅では、
その聖人聖者の意識体を
みなさんが
どう感じ、どう学ぶかが、
一つのテーマになります。
 
 
土佐神社は、
私が三次元の外の世界に行った時に、
その時代の人の体を借りて証拠を
残させてもらった場所です。

意識の世界とは、
時間を超えて存在するものでした。

そのことを自分に証明するために、
私は記憶をたどり土佐神社へといきました。

すると、
そこで生死をさまよった時のイメージを
思い浮かべると、
意識の世界に「ひずみ」が生じる
ことが分かったのです。
意識の「ひずみ」は時間にも影響を与えます。

例えば、写真の背景だけがズレて写ったり、
収録用のビデオカメラが何度も停止したり、
ということから、何度も実証することができました。
これは、あくまでも私の経験です。


しかし、同じ場所、同じ空間、同じ意識下で
みなさんと一緒に体験することは、
この感覚を開花させる人を得やすくします。
 
現代人は本来、意識を開けていたのですが、
ある理由から意識へのアクセスを
意図的に閉ざしてしまいました。

この肉体は一度だけの存在ですが、
意識はある種永遠です。

一般的には肉体に入るときに、
意識をいったんリセットするのですが、
なにか強い思いを抱いていた場合、
それを継続させている場合があるのです。

例えば、
このフォーラムソラに参加するということは、
地球環境や、生態系のバランスを考えた
仕組みについて意識を持っているのでしょう。

たぶん、しっかりとしたことはわからないのですが、
どっかでもやもやしたものを感じながら
過ごしているのではないでしょうか?

そんなもやもやを抱いているのなら、
時空を超える意識の世界を共有することで、

開花させることが十分可能になってきます。
すると、私がいつも言っている、
人間は地球の生態系のバランスをとるために
誕生した新参者であるということ。

それが分かってくるでしょう。それを踏まえて、
真の地球づくりが今こそ求められているという
使命感に気づくのではないでしょうか?

ぜひ、その場で皆さんの意識にリンクし、
共に価値共有を図りましょう。


検証の旅  剣山・土佐神社 516日()〜18日() 
 ※参加希望の方はお問い合わせください。 
お問合せフォーム

「検証の旅 剣山・土佐神社 2009」の感想はこちら

 
 
フォーラム終了後は、
恒例の懇親会。
気づきと発見について、
大いに盛り上がりました。 
(毎回やっています)
 
 

■次回フォーラムソラ定例会のご案内

・フォーラムソラ6月定例会:6月20日(金)18時30分〜(受付 18:00〜)
 
会場:港区白金台いきいきプラザ(B集会室)
住所:東京都港区白金台4丁目8番5号
 
※参加に際し事前予約および事前振込みが必要となります。申込フォーム
 




こちらも合わせてお読みください


小林けん のフィード購読はこちら

■待望の一冊『検証の旅』発表

著者:小林けん/フォーラムソラ主宰
監修:木内鶴彦/彗星捜索家.臨死体験者

 ◆「検証の旅」立読みコーナー

■フォーラムソラについて

■オブザーバー木内鶴彦

■生き方は星空が教えてくれる

フォーラムソラのオブザーバー木内鶴彦さんの著書。“地球と共に生きる”すべての人に気づきを与える想像を絶する一冊。

■スケジュール

■カテゴリー