フォーラムソラ:検証の旅

小林けん

Profile

◆感動体験プロデューサーの
小林けんです。
~地球と共に生きる~
これが私のモットーです。

■2002年よりフォーラムソラを主宰。
『感動体験の舞台・地球』
この奇跡の星により良い環境を残すには?
人間本来の使命と役割を探し求め、地球を股にかけた温故知新の旅【検証の旅】を展開中です。
このブログを通じ、一人でも多くの皆さんと価値共有できれば幸いです。
■地球と共に生きる/since2002

Facebookページ

サイト内検索

rss

RSSフィード購読はこちらから

Twitter

固定ページ

小林けん のフィード購読はこちら



■『検証の旅 出雲 ~スサノヲの真実に迫る~』レポート・サマリーはこちら



■フォーラムソラ待望の一冊『検証の旅』。誕生秘話から進むべき道が明らかに♪

★☆『検証の旅』kindle版の購読はこちら☆★


第200回定例会”木内鶴彦フォーラム”の様子



第200回フォーラムソラ・オンライン定例会
木内鶴彦フォーラム」を開催しました。

 

3月27日(土)、フォーラムソラがスタートして第200回目となる記念すべく定例会を開催しました。
今回もオンライン開催となりましたが、東京をはじめ神奈川、千葉、埼玉、長野、静岡、石川、愛媛、鹿児島と全国からご参加いただきました。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

<今回の流れ>
1)「フォーラムソラ20年を振り返って」
2)「検証の旅2002 エジプト・ギリシャ」の様子
3)「木内鶴彦フォーラム」

———— 

1)「フォーラムソラ20年を振り返って」

・2002年2月に立ち上がったフォーラムソラ、その誕生秘話について。
・20年に及ぶ活動内容。
・検証の旅で学んだこと、成し遂げたこと。

以上について小林よりお話させて頂きました。
2002年から2021年に至る足掛け20年に及ぶ軌跡は、会員の皆さんの歴史です。
そして木内鶴彦さんと共に先史文明を学び、それを未来の社会づくりに活かそうとする、皆さんの想いが継続の力になっていることは間違いありません。
その熱い想いが、必ずや新たな社会構造や産業システムを誕生させる下支えになるはずです。
これからも、木内鶴彦さんと共に学びを深め、より良い地球環境と人類社会を求め、検証の旅へと繰り出したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2)「検証の旅2002 エジプト・ギリシャ」の様子

・200回記念ということで、今回は2002年に初めて催行した検証の旅「エジプト・ギリシャ」について、その検証の意義・目的を改めて確認しました。

・この旅の目的は「倭人のルーツを探る」でした。そして、先史文明時代の高度な文明・技術について、その痕跡を確認することでした。

・個人的な旅では完全に見過ごしてしまう数多くの痕跡(貴重な遺跡や証拠)を、死後の世界を通してその存在、その時代を見てきた木内鶴彦さんに直接案内してもらった旅でした。

・そして、その高度な文明がなぜ失われてしまったのか?なぜ、現代には存在しないのか?その根拠についても学ぶことが出来ました。その理由の一つに地球の環境変化、大カタストロフィーの存在がありました。

・この地球は宇宙的規模で見ると、とても果かなく、危うい存在です。それを自らの文明で滅ぼすようなことが有ってはならない。新参者ものの人類が、なぜ知性を与えられたのかと言えば、全生命体のために地球環境の維持を司るためだから・・・と、その地に繰り出し、木内鶴彦さんと共に学び気づき、共鳴することが、必ず次に繋がっていくのだど実感しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●「検証の旅2002 エジプト・ギリシャ」の書籍

ピラミッドの石はレーザー光線で切っていた?
検証の旅:エジプト・ギリシャ
2013年8月7日 世界史ランキング堂々の1位

 

『検証の旅 エジプト・ギリシャ 2002』レポートはこちら

 

3)「木内鶴彦フォーラム」

■西暦535年の隕石落下について:
・星田妙見宮に隕石が落下した。
・そこを中心に天空星図が施されている。
・先端(カノープス)は京都の貴船神社に至る。
■文字が生まれる前の文明
・テレパシーを使っていた。
・文字は心を隠すことが出来る。
・今で存在する。例えば母親が子供の安否を気遣う時など。
■カタカムナについて
・文字が無かった時代のもの。
・宇宙を表す元素記号のような数学、化学用語的な絵文字。
■15000年前の大カタストロフィーについて
・陸の恐竜は元より、海の恐竜も絶滅した。
・水圧も超高圧となり生き物は押しつぶされてしまった。
■風の時代ついて
・未来は、どう作っていくかにかかっている。
・この3次元がイメージから誕生したように、集合意識が高まれば未来の形は変わります。
・お金の価値から、人のはたらきに価値が変わってくると、新しい時代、社会文明が花開くはず。

—ここまで—

 

 


 

■次回フォーラムソラ定例会のお知らせ

次回の第201回 定例会 「5月23日(日)」オンライン開催となります。
※5月22日(土)から23日(日)に変更となりました。

 開催時間:15時00分~17時の2時間。
 受付時間:14時50分

<第一部>「検証の旅2005 ペルー・マチュピチュ」の報告再び!
      ・恐竜と共存していた先史文明が存在した
      ・15000年前、マチュピチュは防災都市だった
      ・人類は巨人だった、巨石は語る

<第二部> ~木内鶴彦フォーラム~

<第三部>「質問コーナー」


 参加条件:2021年のアクティブ会員の方
 会  場:ZOOM会議システム
 参 加 費:2000円(事前振込となります)

参加ご希望の方は事務局まで。
sora2002●forumsora.com (●を@に変えて下さい)

======

ページトップ

 


 

▶重要&関連する過去の「検証の旅」を徹底解剖

[検証の旅 出雲 2015]立石神社は時空を超えたパラレルワールドの入口だった!
[検証の旅 剣山 2014]太古の光通信システムを発見!今も輝く鏡岩の謎とは? 
[検証の旅 剣山 2009]ヤタガラスの出現の意味とは、アーク伝説の謎とは?
[検証の旅 剣山 2003]伝説となった超常現象!イサヤが目指した剣山の謎とは?
[検証の旅 金山遺跡 2012]巨石群は古代ハイテク技術の結集だった!

 

▶「検証の旅 五島列島 2018」

[検証の旅 五島列島 2018]旅の目的と概要
[検証の旅 五島列島 2018]1日目
[検証の旅 五島列島 2018]2日目
[検証の旅 五島列島 2018]3日目

 



こちらも合わせてお読みください


小林けん のフィード購読はこちら

■待望の一冊『検証の旅』発表

著者:小林けん/フォーラムソラ主宰
監修:木内鶴彦/彗星捜索家.臨死体験者

 ◆「検証の旅」立読みコーナー

■フォーラムソラについて

■オブザーバー木内鶴彦

■生き方は星空が教えてくれる

フォーラムソラのオブザーバー木内鶴彦さんの著書。“地球と共に生きる”すべての人に気づきを与える想像を絶する一冊。

■スケジュール

■カテゴリー