フォーラムソラ:検証の旅

小林けん

Profile

◆感動体験プロデューサーの
小林けんです。
~地球と共に生きる~
これが私のモットーです。

■2002年よりフォーラムソラを主宰。
『感動体験の舞台・地球』
この奇跡の星により良い環境を残すには?
人間本来の使命と役割を探し求め、地球を股にかけた温故知新の旅【検証の旅】を展開中です。
このブログを通じ、一人でも多くの皆さんと価値共有できれば幸いです。
■地球と共に生きる/since2002

Facebookページ

サイト内検索

rss

RSSフィード購読はこちらから

Twitter

固定ページ

小林けん のフィード購読はこちら



■『検証の旅 出雲 ~スサノヲの真実に迫る~』レポート・サマリーはこちら



■フォーラムソラ待望の一冊『検証の旅』。誕生秘話から進むべき道が明らかに♪

★☆『検証の旅』kindle版の購読はこちら☆★


第198回定例会”木内鶴彦フォーラム”の様子



第198回フォーラムソラ・オンライン定例会
木内鶴彦フォーラム」を開催しました。

 

12月12日(土)、今年最後となる定例会を開催しました。
今回もコロナ感染症対策の一環として、オンライン開催となりました。

今回は東京、神奈川、千葉、長野、静岡、鹿児島から20名の皆さまにご参加いただきました。

 

<今回の流れ>
1)「参加者の自己紹介と近況報告」
2)「木内鶴彦フォーラム」
3)「質問コーナー」

1)「参加者の自己紹介と近況報告」

・皆さんのフォーラムソラ参加歴について、
・コロナによる生活習慣の変化について、
・新たな気づきについて、などを共有しました。

2)「木内鶴彦フォーラム」

・コロナウイルス発生から1年が経過して見えてきたこと。
・世界的な異常気象の背景にあるものとは?
・線状降水帯の発生や記録的寒波がなぜ日本に襲い掛かるのか?
・新しいひらめきは籠っていても生まれはしない。
・今こそウォーキングをしよう!
・波動をうまく利用すればウイルスを減少できる。
・日月神示で見た未来のこととは?

3)「質問コーナー」

・巣ごもり生活よる「シニアのひきこもり対策」について。
・「太古の水」の飲み方のコツとその効果について。
・体の帯電防止や通電を心がければ体調はどんどん良くなる。


以上のテーマについて、今回も皆さんと活発な意見を交わしました。
改めて知る事、考えさせられる事、そして太古の水のメリットなどを共有することが出来ました。

●「次回定例会」は1月23日(土) 15:30~17:00のオンライン開催となります。
<第一部>「検証の旅2018 剣山・天ノ岩座神宮」の様子

※当初予定をしてました「検証の旅2002 エジプト・ギリシャ」の様子は3月13日に順延致します。

<第二部>「木内鶴彦フォーラム」&「質問コーナー」

 

 


 

■次回フォーラムソラ定例会のお知らせ

次回の定例会 「1月23日(土)」オンライン開催となります。
 開催時間:15時30分~17時の1時間30分。
 受付時間:15時20分

 第一部:「検証の旅2018 剣山・天ノ岩座神宮」の様子

「検証の旅2002 エジプト・ギリシャ」の様子は3月13日に順延致します。

 第二部:「木内鶴彦フォーラム」&「質問コーナー」


 参加条件:2021年のアクティブ会員
 会  場:ZOOM会議システム

参加ご希望の方は事務局まで。
sora2002●forumsora.com (●を@に変えて下さい)

======

ページトップ

 


 

▶重要&関連する過去の「検証の旅」を徹底解剖

[検証の旅 出雲 2015]立石神社は時空を超えたパラレルワールドの入口だった!
[検証の旅 剣山 2014]太古の光通信システムを発見!今も輝く鏡岩の謎とは? 
[検証の旅 剣山 2009]ヤタガラスの出現の意味とは、アーク伝説の謎とは?
[検証の旅 剣山 2003]伝説となった超常現象!イサヤが目指した剣山の謎とは?
[検証の旅 金山遺跡 2012]巨石群は古代ハイテク技術の結集だった!

 

▶「検証の旅 五島列島 2018」

[検証の旅 五島列島 2018]旅の目的と概要
[検証の旅 五島列島 2018]1日目
[検証の旅 五島列島 2018]2日目
[検証の旅 五島列島 2018]3日目

 



こちらも合わせてお読みください


小林けん のフィード購読はこちら

■待望の一冊『検証の旅』発表

著者:小林けん/フォーラムソラ主宰
監修:木内鶴彦/彗星捜索家.臨死体験者

 ◆「検証の旅」立読みコーナー

■フォーラムソラについて

■オブザーバー木内鶴彦

■生き方は星空が教えてくれる

フォーラムソラのオブザーバー木内鶴彦さんの著書。“地球と共に生きる”すべての人に気づきを与える想像を絶する一冊。

■スケジュール

■カテゴリー