フォーラムソラ:検証の旅

小林けん

Profile

◆感動体験プロデューサーの
小林けんです。
~地球と共に生きる~
これが私のモットーです。

■2002年よりフォーラムソラを主宰。
『感動体験の舞台・地球』
この奇跡の星により良い環境を残すには?
人間本来の使命と役割を探し求め、地球を股にかけた温故知新の旅【検証の旅】を展開中です。
このブログを通じ、一人でも多くの皆さんと価値共有できれば幸いです。
■地球と共に生きる/since2002

Facebookページ

人気記事

サイト内検索

rss

RSSフィード購読はこちらから

Twitter

google

小林けん のフィード購読はこちら



■『検証の旅 出雲 ~スサノヲの真実に迫る~』レポート・サマリーはこちら



■フォーラムソラ待望の一冊『検証の旅』。誕生秘話から進むべき道が明らかに♪

★☆『検証の旅』kindle版の購読はこちら☆★


「検証の旅 マヤ」からの手紙+4 「会議に集まる人々」



 



 

2015/01/05 おはようございます。

★「検証の旅 マヤ」からの手紙+4

 


「会議に集まる人々」

神官たちによる宗教儀礼の再現なのか?後頭部が全員とがっているのが特徴的。

 

「検証の旅 マヤ」 bit.ly/maya2003

メキシコ国立人類学博物館に収蔵されて

いるオルメカ文明の「会議に集まる人々」。

6本の細長い板を背に、16人の人物が顔

を合わせて立っているが、どれもちょっ

と頭の形が現代人と異なっています。

放射性炭素14による年代測定でオルメカ

文明がマヤ文明よりはるかに古い紀元前

1200年まで遡ることが証明されています。

近年、メキシコは13個の長頭頭蓋骨が発

見されており、ヨーロッパや中国でも同

様の人骨が発見されています。

長頭頭蓋骨誕生の理由として、インカ文

明に伝わる幼少期にベルトなどを使って

頭を締上げる伝統が原因ではないかと推

測していますが、器具などで矯正したよ

うな痕跡が発見されないケースも多く、

実際の脳の大きさに比例して「後頭部や

頭頂部が発達していた人類が存在した。」

と考える説もあります。

いずれにしても、メキシコにはアトラン

ティスの子孫なのか?はたまた異なった

先史文明なのか?非常に精神性の豊かな

高度文明が開けていたことには、変わり

がないようです。

2003年に引き続き、2015年・秋分の頃、

私達はユカタン半島へ、再度の「検証の

旅」へと挑みます。

(写真@会議に集まる人々)

~~~

[検証の旅 マヤ] bit.ly/maya2003

[2015スケジュール] bit.ly/2015_all

1月:17日(土)定例会 bit.ly/fs156event

4月:検証の旅・対馬or出雲or滋賀

9月:検証の旅・メキシコ マヤ 2015

※共感できたら、いいね、コメントを

お寄せ下さい。シェアも大歓迎です♪

——-

みなさん、おはようございます。

さて、今日から仕事の人も多いですね。

一年をうらなう、最高の一日にしましょ

う。

★お礼★

たくさんの いいね・コメント・シェア、

いつもお寄せ頂き有難うございます。

なかなかおやお返、ご挨拶ができず

ごめんなさい。Please forgive me.

=====

◎フォーラムソラ 主宰

 体験感動プロデューサー 小林ケン

=====

 



こちらも合わせてお読みください


小林けん のフィード購読はこちら

■待望の一冊『検証の旅』発表

著者:小林けん/フォーラムソラ主宰
監修:木内鶴彦/彗星捜索家.臨死体験者

 ◆「検証の旅」立読みコーナー

■フォーラムソラについて

■オブザーバー木内鶴彦

■生き方は星空が教えてくれる

フォーラムソラのオブザーバー木内鶴彦さんの著書。“地球と共に生きる”すべての人に気づきを与える想像を絶する一冊。

■スケジュール

■カテゴリー