フォーラムソラ:検証の旅

小林けん

Profile

◆感動体験プロデューサーの
小林けんです。
~地球と共に生きる~
これが私のモットーです。

■2002年よりフォーラムソラを主宰。
『感動体験の舞台・地球』
この奇跡の星により良い環境を残すには?
人間本来の使命と役割を探し求め、地球を股にかけた温故知新の旅【検証の旅】を展開中です。
このブログを通じ、一人でも多くの皆さんと価値共有できれば幸いです。
■地球と共に生きる/since2002

Facebookページ

人気記事

サイト内検索

rss

RSSフィード購読はこちらから

Twitter

google

小林けん のフィード購読はこちら



■『検証の旅 出雲 ~スサノヲの真実に迫る~』レポート・サマリーはこちら



■フォーラムソラ待望の一冊『検証の旅』。誕生秘話から進むべき道が明らかに♪

★☆『検証の旅』kindle版の購読はこちら☆★


フォーラムソラ3月定例会の様子(2014/3/15)



2014年3月15日(土)
フォーラムソラ第145回定例会を開催しました。

 

今回は春の年中行事「検証の旅・国内」の前ということで、
テーマは「検証の旅 剣山・土佐神社」となりました。

 
【木内鶴彦フォーラム】では以下について伺いました。
1:『剣山は世界の聖者が憧れる屈指の聖地だった』
2:『土佐神社に落とした“宇宙の記憶”の証とは?』
−−−−−−−−−

まず、フォーラムソラ主宰者の小林ケンより、
過去2回開催した「検証の旅 剣山・土佐神社」が
いったいどんな旅だったのか?をお話させていただきました。

−−−−−−−−−


 

「検証の旅 剣山・土佐神社」は過去2回行いました。

「検証の旅 剣山・土佐神社 2003」 
フォーラムソラ初の本格的な国内の「検証の旅」となり、
多くの期待を集め、総勢40名で挑みました。
台風4が、四国を過ぎ去るのを待って挑んだ剣山でしたが、
なんと台風が舞い戻り、剣山上空で温帯低気圧に変わるという珍事のなかでのアタックでした。

本来なら、2~3000人は訪れる観光スポットでもある剣山は、
その日ばかりは、他人をすべてシャットアウトしてしまいました。
なんと、その日この霊山を登ったのはフォーラムソラの面々だけだったのです。

そして、頂上に辿りついたその時、風速40メートルはあろうかという突風が吹き荒れ、後におさまり台風は温帯低気圧へと変わりました。
私もいままで、何度もこの検証の旅で不思議な現象を見てきましたが、あれほど自然の力が膨大な意識とリンクしている様を体感したことはありませんでした。
「検証の旅 剣山・土佐神社 2003」 の様子はこちら 

 

「検証の旅 剣山・土佐神社 2009」
 2003年の検証の旅から6年が経過していました。
フォーラムソラの主だったメンバーも世代交代を遂げ、2003年の検証の旅を知る人が少なくなっていたのです。
木内さんの臨死体験から学びを得るうえで、「剣山」と「土佐神社」の検証は大変重要な意味を持ちます。
そういう点から、私達は再度「剣山・土佐神社」を訪ねることにしました。
今回は地元・剣山研究者の第一人者であり、私達のナビゲーターでもある粟飯原の計らいで、剣山周辺の重要ポイントも検証することができました。
天候にも恵まれ、特に不思議なこともなさそうな「検証の旅」でしたが、最後になんと一羽のカラスが現れ、私達の周りを飛びはじめました。
50年近く剣山を上っている粟飯原さんでも、頂上でカラスを見たのは今回が初めてとあって、かなり稀有な現象だったようです。
「検証の旅 剣山・土佐神社 2009」 の様子はこちら 

 


 

【木内鶴彦フォーラム】

1:『剣山は世界の聖者が憧れる屈指の聖地だった』
火山は地球の中のエネルギーを放出する場所。
特に11年一度、太陽と地球のバランスによりエネルギー放出が強まり、剣山は頂上からアークを放つ。
日出国のそのアークに乗って昇天することが、世界の聖者のステータスだった。
文献には残っていないが、たくさんの聖者が海を越え、この地に足を運んでいました。
戦後、GHQをはじめ諸外国の調査団が剣山を調査したことも明らかになっています。
わたしの「宇宙の記憶」の体験でも、剣山に籠り11年周期のアークを待つ聖人が何人もいたのです。

 

2:『土佐神社に落とした“宇宙の記憶”の証とは?』
土佐神社は、やはり「宇宙の記憶」の中で、私が強く記憶にとどめている場所なのです。
肉体を離れ、全く違った時代にいる自分が夢なのか本当なのかわからなくなりました。
その時、ここに存在していたことを証拠に残そうと思い、いたずらをしたところが土佐神社です。
わたしの体験は膨大な量でしたので、すべてを覚えておくことはできませんでした。
しかし、その場所を訪れたとき、ふと記憶が戻る場合があるのです。
この土佐神社もそんな場所の一つです。
元気になってから、何気なく足を運んだ土佐神社でしたが、「あっ、ここは!」とその時の記憶が戻りました。
自分しか分からない記号を、ある方法で残してきたのですが、それが今も残っているのです。
肉体のない意識だけの旅なのに、どうやって証拠を残したのか?
その方法は旅の中でじっくりお話したいと思います。

 


 

 【番外編】

木内さんの話は目くるめく、過去と未来を駆け巡ります。
それはさながら時空を超えた大スペクタクルの様でもあります。

今回も以下のような話でさらにフォーラムは盛り上がりました。
・5次元の中に存在する3次元は膨大な意識が始めた暇つぶしからはじまった。
・生命のはじまりって考えたことありますか?はじめは栄養が無いところに誕生しました。
・何のために生命は生きているのでしょうか?食べて排泄するため・・・循環。
・太陽系はどうやってできたか知っていますか?新たに太陽系に惑星が・・・。
・人は、食べないといけないんです。
・温度差や電磁差があると電気が作れる。それを応用した除染も考えられる。
・孤立しないで意識を開放した方がいい。
・循環させる。サイクルさせる。循環型社会構造と経済システムが未来を救う。
・波動医学の分野がこれからは大事になる。
・昔に戻る文化、ゆるやかになじませる、というのがこれからは大事。デジタル思考からアナログ思考への回帰。
 


 

今回は遠方はるばる、福島県会津市からもご参加いただきました。
ご参加のみなさま、本当にありがとうございます。

■次回のご案内
4月19日(土) 14:00~17:00(受付13:30) 港区商工会館にて開催します。

参加予約はこちら


 

■「フォーラムソラ屋形船」

今回の懇親会は特別企画として、「フォーラムソラ屋形船」を開催しました。
北品川から東京湾へと向かう屋形船!
「かんぱ〜〜い』

 


 

大漁大漁、豪勢な舟盛りも・・・


 

冬の屋形船はラッキーなんです!
すき焼きも食べられるんです・・・ はるえさん、いつもありがとう。


 

日も暮れ始め、東京湾に提灯がよく合う♪


 

ここはお江戸お台場。
正面に見えるのはフジテレビ本社。


 

江戸前といえば・・・・
そう、穴子の天ぷら!
揚げたてがおいしいよ〜〜〜〜!


 

木内さんの舌も絶好調。
ここでしか聞けない話シリーズ!


 

レインボーブリッジが優しい光を放っています。
剣山の光柱現象のようです・・・。


 

楽しいひと時、おつかれさまでした。
循環型社会構造も経済システムも屋形船も、
フォーラムソラでいっしょにシェアしませんか!
最後にパチリ。
皆さんのお越しをお待ちしております。


 

 

■次回フォーラムソラのご案内&検証の旅 剣山・土佐神社のご案内

・フォーラムソラ4月定例会:4月21日(土)14時〜(受付 13:30〜)
会場:港区商工会館
住所:東京都港区海岸1-7-8 東京都産業貿易会館6階
※参加に際し事前予約および事前振込みが必要となります。申込フォーム

・検証の旅  剣山・土佐神社 :5月16日(金)〜18日(日)



 

 



こちらも合わせてお読みください


小林けん のフィード購読はこちら

■待望の一冊『検証の旅』発表

著者:小林けん/フォーラムソラ主宰
監修:木内鶴彦/彗星捜索家.臨死体験者

 ◆「検証の旅」立読みコーナー

■フォーラムソラについて

■オブザーバー木内鶴彦

■生き方は星空が教えてくれる

フォーラムソラのオブザーバー木内鶴彦さんの著書。“地球と共に生きる”すべての人に気づきを与える想像を絶する一冊。

■スケジュール

■カテゴリー