フォーラムソラ:検証の旅

小林けん

Profile

◆感動体験プロデューサーの
小林けんです。
~地球と共に生きる~
これが私のモットーです。

■2002年よりフォーラムソラを主宰。
『感動体験の舞台・地球』
この奇跡の星により良い環境を残すには?
人間本来の使命と役割を探し求め、地球を股にかけた温故知新の旅【検証の旅】を展開中です。
このブログを通じ、一人でも多くの皆さんと価値共有できれば幸いです。
■地球と共に生きる/since2002

Facebookページ

サイト内検索

rss

RSSフィード購読はこちらから

Twitter

固定ページ

小林けん のフィード購読はこちら



■『検証の旅 出雲 ~スサノヲの真実に迫る~』レポート・サマリーはこちら



■フォーラムソラ待望の一冊『検証の旅』。誕生秘話から進むべき道が明らかに♪

★☆『検証の旅』kindle版の購読はこちら☆★


第196回定例会”木内鶴彦フォーラム”の様子



第196回フォーラムソラ・オンライン定例会
木内鶴彦フォーラム」を開催しました。

 

2020年に入って、やっと3回目の定例会です。
今回も前回に引き続き、オンラインでの開催となりました。
オンラインのメリットとしては、全国から参加できるとです。
今回も東京、神奈川、千葉、埼玉、岐阜、大阪、広島、鹿児島から参加いただきました。
皆さんの笑顔に再会できて、私も木内さんもとてもテンションが上がりました。

 

<今回の流れ>
1)「木内鶴彦フォーラム そのⅠ」
2)「再生医療勉強会」
3)「木内鶴彦フォーラム そのⅡ」

■「木内鶴彦フォーラム そのⅠ」

1)木内さん自身、コロナ感染は大丈夫なのか:
有難いことですが、
私の主治医が私のことを大変心配して下さっています。
なぜならば、ご存知の通り持病の人が感染すると大変だからです。
実は、私はもっと未来の姿を「宇宙の記憶」で見ているので、今回は無事ではないかと思っています。

 

2)アフターコロナについて:
未来は良い方向に行くのではないでしょうか?
なぜならば、悪いことが続いた後は、必ず良いことが起きるものです。
例えば、今回のコロナウイルスは紫外線に弱い。
紫外線をどう扱うかを考えると、コロナ対策、もっと言えば様々な感染病対策に貢献できるのではないでしょうか。
私は「宇宙の記憶」で未来にそういうものを見てきました。
例えば紫外線を発生するマスクとか・・・。
様々な部分で私たちは試される時期に入ってきたと感じています。

 

3)これからの農業について:
私たちは便利、便利、を追いかけているが、結果的にそれらが不便を招くことに早く気が付いた方が良いです。
多少不便だとしても、それが大きな意味では暮らしやすさや生きやすさという、便利を作ることがあります。
多少見栄えが悪くても、それによって地球環境が良くなり、生命体が暮らしやすくなるわけです。
赤潮の発生やエルニーニョ、大型の台風、気候変動などによる、地球規模の不便を解消できるのです。
農業でも農薬を使わないものの方が、体には良いわけですし、添加物が体に残る事もないわけです。
虫がついてても良い、曲がってても良い、という価値観。
そこそこの便利さで暮らせるようになると、心の状態も良くなります。
まず、農業に携わってみると、地球と生命体についていろいろ学びが広がると思います。

 

4)解毒について:
体内に蓄積した添加物を排除するにはどうすれば良いか?というと、
デトックス作用のある食物を積極的に取る事です。
例えば山菜とか、人間の手が加えられていないもの。
自然界からの頂きものを食べると体の調子は良くなります。
わたしたそれを実践することで、徐々に体の調子が良くなりました。

 

■「再生医療勉強会」

1)コロナ感染とサイトカインストームのリスクを下げる幹細胞治療について。
2)生活習慣病の改善に再生医療はどのように貢献できるのか。

 

■「木内鶴彦フォーラム そのⅡ」では

1)太古の水について:
太古の水による不純物の排泄は可能かということですが、それは可能です。
太古の水は地球に生命体が出来たころの地球の環境で作ります。
現在の地球にはその当時の環境がないため、そのため、現在の地表(1気圧)の水には太古の水のような力はありません。

 

2)集合意識について:
植物を育てる時、声をかけて作ると本当に体によい、美味しい野菜ができます。
それは意思の疎通が取れているからです。
無造作に作ったらどうでしょう。
これを作ったらいくらになるか?お金に変えようという意識で作ったら?農薬やホルモン剤を使って作ったら?
どうでしょう。
植物は私たちよりも偉いので、そういうものを聞き取ってくれます。
だから意思の疎通を取ろうとしたら必ず出来が違います。
他の例で言うと、入山して道に迷った時、道に迷ったことを植物に伝えると獣道を教えてくれます。
結果、ちゃんと戻ってこれすんです。
横柄な考えで入ったらそれは無理ですね。
心から触れ合うというという意識を持つことが大事ですし、その時あなたも集合意識の一部となります。

 

3)先史文明について
その当時の人間は身長が4~5メートルありました。
その当時は恐竜と人間は共存していて、恐竜を家畜の様に飼っていたんです。
フォーラムソラでは「検証の旅」でチャコキャニオンに行った時にそれを確認してきましたね。
その後、月がやってきて地球の引力が変わり、天変地異も起き、恐竜は絶滅しました。
生き残った人類に与えたストレスは強烈なもので、体が徐々に小さくなりました。
一番底だった時の成人男性の平均身長は155cm程でした。
この辺は次回の定例会でお話しましょう。

 

以上です。
「次回定例会」は11月28日(土)に開催予定です。

 

■その他
1)「検証の旅2020」はコロナ禍の状況を踏まえ、今年はお休みとしました。
2)「次回定例会」11月28日(土)はコロナの感染状況次第でリアル、オンラインのいずれかとなります。
※11月28日はオンライン開催となりました(11月17日更新)。
 16時~17時開催となります。
 参加をご希望の方は事務局までご連絡ください。
  ※2020年スケジュールで最終スケジュールをご確認ください。

 


 

■次回フォーラムソラ定例会のお知らせ

次回の定例会 「11月28日(土)」となります。
リアルor オンライン開催

※11月28日はオンライン開催となりました(11月17日更新)。
 開催時間は16時~17時となります。
 参加をご希望の方は事務局までご連絡ください。

■内容:
「木内鶴彦フォーラム」

~~~~~~

 

<オンライン開催の場合>
●日  時:2020年11月28日(土) 16時~17時00分
●開  始:15時45分開始
●会  場:ZOOM
●参加条件:フォーラムソラ会員(2020年会員登録を済ませている方)
●参加費    :会員:無料 非会員:1000円(事前振込)

※参加希望の方はフォーラムソラ事務局まで
メールでお問い合わせ下さい。
sora2002●forumsora.com (●を@に変えて下さい)

 

■次々回フォーラムソラ定例会のお知らせ

次々回の定例会 は 未定です。
※コロナ禍の状況判断とさせて頂きます。

======

ページトップ

 


 

▶重要&関連する過去の「検証の旅」を徹底解剖

[検証の旅 出雲 2015]立石神社は時空を超えたパラレルワールドの入口だった!
[検証の旅 剣山 2014]太古の光通信システムを発見!今も輝く鏡岩の謎とは? 
[検証の旅 剣山 2009]ヤタガラスの出現の意味とは、アーク伝説の謎とは?
[検証の旅 剣山 2003]伝説となった超常現象!イサヤが目指した剣山の謎とは?
[検証の旅 金山遺跡 2012]巨石群は古代ハイテク技術の結集だった!

 

▶「検証の旅 五島列島 2018」

●[検証の旅 五島列島 2018]旅の目的と概要
[検証の旅 五島列島 2018]1日目
[検証の旅 五島列島 2018]2日目
[検証の旅 五島列島 2018]3日目

 



こちらも合わせてお読みください


小林けん のフィード購読はこちら

■待望の一冊『検証の旅』発表

著者:小林けん/フォーラムソラ主宰
監修:木内鶴彦/彗星捜索家.臨死体験者

 ◆「検証の旅」立読みコーナー

■フォーラムソラについて

■オブザーバー木内鶴彦

■生き方は星空が教えてくれる

フォーラムソラのオブザーバー木内鶴彦さんの著書。“地球と共に生きる”すべての人に気づきを与える想像を絶する一冊。

■スケジュール

■カテゴリー