フォーラムソラ:検証の旅

小林けん

Profile

◆感動体験プロデューサーの
小林けんです。
~地球と共に生きる~
これが私のモットーです。

■2002年よりフォーラムソラを主宰。
『感動体験の舞台・地球』
この奇跡の星により良い環境を残すには?
人間本来の使命と役割を探し求め、地球を股にかけた温故知新の旅【検証の旅】を展開中です。
このブログを通じ、一人でも多くの皆さんと価値共有できれば幸いです。
■地球と共に生きる/since2002

Facebookページ

人気記事

サイト内検索

rss

RSSフィード購読はこちらから

Twitter

google

小林けん のフィード購読はこちら



■『検証の旅 出雲 ~スサノヲの真実に迫る~』レポート・サマリーはこちら



■フォーラムソラ待望の一冊『検証の旅』。誕生秘話から進むべき道が明らかに♪

★☆『検証の旅』kindle版の購読はこちら☆★


フォーラムソラ第156回定例会の報告<木内鶴彦フォーラム>



1月17日(土)14時~17時
フォーラムソラ第156回定例会を開催しました。

 

◆主宰者:小林ケン からの挨拶。
公式YouTube: bit.ly/156th_YT 



 

◆4月の「検証の旅 国内編」が出雲に決定。
そして年間スケジュールの確認です。
公式YouTube: bit.ly/156th_YT


 

◆木内鶴彦フォーラム:
環状列石は暦なのです。
暦を扱うことこそ、本来の神官の仕事でした。
その仕事のことを「天照す(あまてらす)」と言ったのです。
公式YouTube: bit.ly/156th_YT



 

◆木内鶴彦フォーラム:
三種の神器は本来、測量するための道具でした。
その中で、鏡は山々を繋ぎ光通信を行うためにも用いられました。
山頂にある神社は通信アンテナの役割をしていたんですね。
これも、神官の重要な仕事の一つです(全員が出来るものではあんりませんが)。
公式YouTube:  bit.ly/156th_YT



 

◆木内鶴彦フォーラム:
磐座といわれるものが良くあります。
太古では、この石が祭壇でした。
3500年前は、この間の空間を亜空間として活用していたのです。
ここを写真でおさえると、揺るぎがみえることがあります。
私が話をしている写真で、たまに揺らぎが生じているものがあります。
それは、あっちの世界にアクセスしている時なのです。
その時、わたしの周りが亜空間化していると考えられます。
亜空間とは、タイムスリップする入口なのです。
公式YouTube: bit.ly/156th_YT



 

◆「検証の旅 出雲 2004」がどんな旅だったのでしょうか?
おさらいをしてみましょう!
公式YouTube: bit.ly/156th_YT


 

◆「検証の旅 出雲 2004」では出雲がスサノオ信仰の地であることを確認しました。
「検証の旅 出雲 2015」では、11年前には訪れなかった、
貴重なスサノオゆかりの場所、神社を巡ってみたいと思います。
今なお、亜空間が存在しているのか、それも検証してみたいと思います。
公式YouTube: bit.ly/156th_YT



 

◆木内鶴彦フォーラム:
皆さんの存在する空間が3次元とすると、
4次元、5次元は存在するのでしょうか?
公式YouTube: bit.ly/156th_YT


 

◆木内鶴彦フォーラム
5次元は目に見えない形で存在しています。
わたした彗星捜索家として、天体観測は専門家ですから、
彗星の動きから、5次元を説明してみましょう。
公式YouTube: bit.ly/156th_YT


 

◆木内鶴彦フォーラム:
この間にあるもの、それが波なのです。
私達は意識の中に存在しています。
その意識の歪が波となるのです。
公式YouTube: bit.ly/156th_YT


 

◆木内鶴彦フォーラム:
私達は4度目の文明をいま行っています。
過去3度は失敗しました。
今回も失敗でよいのでしょうか?
地球環境を自らの手で破壊してはならないのです。
地球の生命体、生態系のバランスを整えること。
それこそが、我々人間に与えられた使命なのです。
未来の環境を変えるためにも、
人間をより進化させるためにも、
太陽光炭素化炉の技術が、人類に貢献できる。
とわたしは信じています。
公式YouTube: bit.ly/156th_YT 



 

◆懇親会:
終了後、木内鶴彦さんを囲み、懇親会を行いました。
お疲れ様でした。
カンパ~イ♪


 

◆次回「フォーラムソラ定例会」のご案内
日時:2月14日(土)14時~17時
会場:港区商工会館
申込:参加申し込みはこちら


 

 



こちらも合わせてお読みください


小林けん のフィード購読はこちら

■待望の一冊『検証の旅』発表

著者:小林けん/フォーラムソラ主宰
監修:木内鶴彦/彗星捜索家.臨死体験者

 ◆「検証の旅」立読みコーナー

■フォーラムソラについて

■オブザーバー木内鶴彦

■生き方は星空が教えてくれる

フォーラムソラのオブザーバー木内鶴彦さんの著書。“地球と共に生きる”すべての人に気づきを与える想像を絶する一冊。

■スケジュール

■カテゴリー