フォーラムソラ:検証の旅

小林 ケン

Profile

◆感動体験プロデューサーの
小林 ケンです。
~地球と共に生きる~
これが私のモットーです。

■2002年よりフォーラムソラを主宰。
『感動体験の舞台・地球』
この奇跡の星により良い環境を残すには?
人間本来の使命と役割を探し求め、地球を股にかけた温故知新の旅【検証の旅】を展開中です。
このブログを通じ、一人でも多くの皆さんと価値共有できれば幸いです。
■地球と共に生きる/since2002

Facebookページ

人気記事

サイト内検索

rss

RSSフィード購読はこちらから

Twitter

google

小林 ケン のフィード購読はこちら



■『検証の旅 出雲 ~スサノヲの真実に迫る~』レポート・サマリーはこちら



■フォーラムソラ待望の一冊『検証の旅』。誕生秘話から進むべき道が明らかに♪

★☆『検証の旅』kindle版の購読はこちら☆★


それは後悔以外の何ものでもありませんでした。【生き方は星空が教えてくれる】



おはようございます!

 

< 今朝のフォーラムソラ語録>

それは後悔以外の何ものでもありませんでした。

生き方は星空が教えてくれる(木内鶴彦著)より

 

●あと一週間の命。
そう宣告されて初めて、「死」というものが現実の重みをもって私の心に追ってきました。

●そのときに最初に考えたのは、荼毘に付される、つまりこの体が焼かれてしまうのかというこ
とでした。死んでしまえば意識はなくなるとわかっているのですが、それでも焼かれるというの
は熱くないのかなとか、灰になるんだな、というようなことがとても気になるのです。


●意識はあるのにべッドの上で身動きすらできず、ただ死の訪れを待っているだけの自分。よく、死の間際に走馬灯のように自分の一生を再体験するといいますが、私の場合は逆で、現在から少しずつ過去に向かって記憶が甦っていきました。

●自分の過去を振り返ると、忘れていた気持ちを当時のままに思い出していきます。自分はこういうことをやりたかったんだ、ああいうところにも行きたかった———-そういう思いが、それこそ津波のように心に押し寄せてくるのです。それは後悔以外の何ものでもありませんでした。

●あれもしたかった、これもしたかった、いくら後悔しても、私に残された時間はあと一週間なのです。しかも、まともに動くことはおろか、話すことすらできない。それは肉体の痛み以上につらい、精神の激痛でした。

●死が迫ってきたときのもう一つの苦しみは、死に対する恐怖でした。自分が死ぬということのいたたまれなさ、すべてが消えてなくなるということに対する恐怖。後悔と恐怖が、メビウスの輪のように表裏一体となって、途切れることなく繰り返し頭の中を回りました。(P71-72)


<わたしの読書メモ>
 

「もしも、あなたの命が一週間しかなかったら、あなたは何をしたいですか?」
「選んだこと、それがあなたの本心です」
自己啓発や成功哲学では、よくこんな質問が出されます。

この場合、元気な一週間を前提に話が進みますが、木内さんの場合はちょっと違ってました。
「体が動かず、精神もずたずた、だけど聴覚と思考だけは冴えている。」
そんな状態でした。

若干21歳の青年にとって、それはあまりにも酷な状況、神様のいたずらだったのではないでしょうか?まだまだ、満足に生きていない。楽しい人生はこれからだ。そもそも死ぬなんて考えたこともない。

そんな心境で死の宣告を受けた一週間は、想像を絶する葛藤があったことはいうまでも無いでしょう。言葉にすることのできない恐怖、苦痛と後悔にさいなまれたはずです。

常々、木内さんと接し話をしていると、あることに気付きます。
それは、いまを全力投球で生き抜いているということです。

死の狭間で体得した「命の尊さ」、「今を生きる」、「やったね”と最後に言える生き方」
この事を伝える時、木内さんに妥協はありません。

たとえ、一人に対しても、百人に対しても、同じエネルギーでメッセージを訴えます。
たとえ、一回目でも、百回目でも、同じ口調で気付きを伝えます。
常に全力投球で人々に訴えている姿に、木内さんがそのとき置かれた状況や、そこでの学びの深さを感じとることができるのです。

私も十数年に渡り、木内さんと付き合って来ましたが、その変わらぬ姿勢には敬服するばかりです。
「心に刻んだことを貫く!」
つまり
「継続することの重要性」
このことを木内さんの姿から日々学ぶことができるのです。



こちらも合わせてお読みください


小林 健 のフィード購読はこちら

■待望の一冊『検証の旅』発表

著者:小林 ケン/フォーラムソラ主宰
監修:木内鶴彦/彗星捜索家.臨死体験者

 ◆「検証の旅」立読みコーナー

■フォーラムソラについて

■オブザーバー木内鶴彦

■生き方は星空が教えてくれる

フォーラムソラのオブザーバー木内鶴彦さんの著書。“地球と共に生きる”すべての人に気づきを与える想像を絶する一冊。

■スケジュール

■カテゴリー