フォーラムソラ:検証の旅

小林けん

Profile

◆感動体験プロデューサーの
小林けんです。
~地球と共に生きる~
これが私のモットーです。

■2002年よりフォーラムソラを主宰。
『感動体験の舞台・地球』
この奇跡の星により良い環境を残すには?
人間本来の使命と役割を探し求め、地球を股にかけた温故知新の旅【検証の旅】を展開中です。
このブログを通じ、一人でも多くの皆さんと価値共有できれば幸いです。
■地球と共に生きる/since2002

Facebookページ

人気記事

サイト内検索

rss

RSSフィード購読はこちらから

Twitter

google

小林けん のフィード購読はこちら



■『検証の旅 出雲 ~スサノヲの真実に迫る~』レポート・サマリーはこちら



■フォーラムソラ待望の一冊『検証の旅』。誕生秘話から進むべき道が明らかに♪

★☆『検証の旅』kindle版の購読はこちら☆★


「イエスに妻」初の文献?米研究者が解読



「イエスに妻」初の文献? 米研究者が解読
 
【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は18日、イエス・キリストが自身の「妻」について言及したと記されている文献が見つかったと報じた。4世紀に書かれたとみられ、キリストに妻がいた可能性を示す初の文献という。カトリック教会は、キリストは独身だったとの立場を堅持しており大きな論争を呼びそうだ。
文献を解読したハーバード大教授の歴史学者は、妻がいたことの証明にはならないと強調する一方、発見には「わくわくする」と話している。2012/09/19 10:02   【共同通信】

 

 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 



——

<フォーラムソラ・メモ>

フォーラムソラでは、たびたびと登場する「イザヤ」。

そう、「イザヤ」とはイエスキリストのことですよね。

日本の剣山で最後を遂げたとされる「イザヤ」には実は妻がいた。

そして自分の宗教観を綴った羊皮紙を妻に手渡し、そっと旅立たせたという。

あの話にリアリティが増してくる今回のニュース。

~~~

来年の「宇宙(ソラ)の旅 ポルトガル」では、

まさに「イザヤ」とその妻「ナザレ」、そして託されたメッセージについて

たっぷりと検証をしてくる予定です。

検証の旅が一層盛り上がりそうな今回の発見。

今後とも目が離せませんね♪



こちらも合わせてお読みください


小林けん のフィード購読はこちら

■待望の一冊『検証の旅』発表

著者:小林けん/フォーラムソラ主宰
監修:木内鶴彦/彗星捜索家.臨死体験者

 ◆「検証の旅」立読みコーナー

■フォーラムソラについて

■オブザーバー木内鶴彦

■生き方は星空が教えてくれる

フォーラムソラのオブザーバー木内鶴彦さんの著書。“地球と共に生きる”すべての人に気づきを与える想像を絶する一冊。

■スケジュール

■カテゴリー