フォーラムソラ:検証の旅

小林けん

Profile

◆感動体験プロデューサーの
小林けんです。
~地球と共に生きる~
これが私のモットーです。

■2002年よりフォーラムソラを主宰。
『感動体験の舞台・地球』
この奇跡の星により良い環境を残すには?
人間本来の使命と役割を探し求め、地球を股にかけた温故知新の旅【検証の旅】を展開中です。
このブログを通じ、一人でも多くの皆さんと価値共有できれば幸いです。
■地球と共に生きる/since2002

Facebookページ

人気記事

サイト内検索

rss

RSSフィード購読はこちらから

Twitter

google

小林けん のフィード購読はこちら



■『検証の旅 出雲 ~スサノヲの真実に迫る~』レポート・サマリーはこちら



■フォーラムソラ待望の一冊『検証の旅』。誕生秘話から進むべき道が明らかに♪

★☆『検証の旅』kindle版の購読はこちら☆★


2014年3月定例会のお知らせ(3月15日)



■第145回3月定例会のご案内/3月15日■

~懇親会は屋形船~

 

【木内鶴彦フォーラム】

『剣山は世界の聖者が憧れる屈指の聖地だった』
『なぜイエス・キリストは剣山に向かったのか』
『土佐神社に落とした“宇宙の記憶”の証とは?』
『検証の旅 剣山・土佐神社』について

次回3月フォーラムでは、5月に実施する『検証の旅 剣山・土佐神社』について見識を深めたいと思います。


 

『検証の旅 剣山・土佐神社』は2003年、2009年の2回に渡って実施したフォーラムソラ定番の企画です。
なぜ、剣山・土佐神社が興味を引く企画なのでしょうか?
それは、木内さんの「宇宙の記憶(類まれな臨死体験)」に密接に関連しているからです。

この「宇宙の記憶(類まれな臨死体験)」によれば、かつて日本が人類にとって中心的な位置づけだったころ、最も重要な場所の一つが四国であり、そのセンターが剣山であったというのです。

 


 

なぜ、この剣山がそこまで重要視されていったのでしょうか?
それは、この剣山に11年周期で光柱が出現していたことに由来します。

その様子は、あたかも天に向かって「剣が立ちそびえる」という神々しい光景だったというのです。
この光柱現象を一目見ようと、またその光柱に乗って昇天しようと、たくさんの聖人が世界各地から訪れました。
そしてその中の一人に、あのイエス・キリストの名もあったというのです。

今回のフォーラムでは、その噂の真相を「宇宙の記憶(類まれな臨死体験)」を元に紐解いでいきます。

 


 

さらに「土佐神社」については、大変興味深い検証ポイントが存在します。
それは、木内さんの時空を超えた冒険(臨死体験)が、本当だったことを告げる証拠の存在です。
木内さんは時空を超えた冒険(臨死体験)の間、人の体を借りて、ある「暗号」を神社に刻んできました。

その暗号を明かすと共に、「検証の旅 剣山・土佐神社」での検証のポイントや見どころをお話します。

 


 

「検証の旅 剣山・土佐神社 2003」
「検証の旅 剣山・土佐神社 2009」

 

■フォーラム情報■

 

【木内鶴彦フォーラム】

『剣山は世界の聖者が憧れる屈指の聖地だった』
『なぜイエス・キリストは剣山に向かったのか』
『土佐神社に落とした“宇宙の記憶”の証とは?』
『検証の旅 剣山・土佐神社』について


【日時と場所】

日時:3月15日(土)14時~17時
受付:13時30分~
会場:ハロー貸会議室大森
住所:東京都大田区山王2-1-2 大森ステーションBOX 地下1階
交通:JR京浜東北線 大森駅 北口徒歩1分(池上通り沿い)
参加費:会員3000円 非会員3500円

※参加に際し、事前予約および事前振込みが必要となります。
申込フォーム

【懇親会】

今回の懇親会は「フォーラムソラ屋形船」となります。


参加:3月定例会参加の会員が優先となります。

日時:3月15日(土)18時~20時30分
定員:20名

 



こちらも合わせてお読みください


小林けん のフィード購読はこちら

■待望の一冊『検証の旅』発表

著者:小林けん/フォーラムソラ主宰
監修:木内鶴彦/彗星捜索家.臨死体験者

 ◆「検証の旅」立読みコーナー

■フォーラムソラについて

■オブザーバー木内鶴彦

■生き方は星空が教えてくれる

フォーラムソラのオブザーバー木内鶴彦さんの著書。“地球と共に生きる”すべての人に気づきを与える想像を絶する一冊。

■スケジュール

■カテゴリー