フォーラムソラ:検証の旅

小林けん

Profile

◆感動体験プロデューサーの
小林けんです。
~地球と共に生きる~
これが私のモットーです。

■2002年よりフォーラムソラを主宰。
『感動体験の舞台・地球』
この奇跡の星により良い環境を残すには?
人間本来の使命と役割を探し求め、地球を股にかけた温故知新の旅【検証の旅】を展開中です。
このブログを通じ、一人でも多くの皆さんと価値共有できれば幸いです。
■地球と共に生きる/since2002

Facebookページ

人気記事

サイト内検索

rss

RSSフィード購読はこちらから

Twitter

google

小林けん のフィード購読はこちら



■『検証の旅 出雲 ~スサノヲの真実に迫る~』レポート・サマリーはこちら



■フォーラムソラ待望の一冊『検証の旅』。誕生秘話から進むべき道が明らかに♪

★☆『検証の旅』kindle版の購読はこちら☆★


天の川の奏でるメロディは「チェンバロ協奏曲第三番」【生き方は星空が教えてくれる】



おはようございます!

 

<今朝のフォーラムソラ語録>

天の川の奏でるメロディは「チェンバロ協奏曲第三番

生き方は星空が教えてくれる(木内鶴彦著)より

 

●ひとりになると山は静けさに満たされます。星と私だけの世界。そんな静けさの中で星のきらめきを見つめていると、小さな星のかすかな瞬きが音になって響いてくるのを感じることがあります。特に細かい星がたくさん集まっている天の川は、実際に繊細なメロディを聞かせてくれます。
 

●実際に耳に音が聞こえるわけではありませんが、星の奏でる音が一つのメロディになって脳裏に響くのです。よく、一つの曲が耳について、何度も何度も頭の中に響くことがありますが、ちょうどあのような感じです。
 

●その美しいメロディをなんとかして他の人にも伝えたいと思っていたのですが、音楽的なセンスに乏しい私には、残念ながらその旋律を他の人に聴かせることができませんでした。たしかにすっと聞こえているのに、鼻歌にすることすらできなかったのです。
 

●ところが、たまたまCDショップの前を通りかかったときのことです。いつも私の脳裏に響いていたあの星のメロディが素晴らしい楽曲となって耳に響いたのです。ビックリした私は、すぐに店内に飛び込んで、店員さんに曲名を尋ねました。
 

●それはバッハの「チェンバロ協奏曲第三番」という、チェンバロ(ハープシーコード)を用いた楽曲でしたが、本当に驚くほど天の川が奏でるメロディとそっくりなのです。
 

●機会があれば、一度目を閉じてこの曲を聞いてみてください。きっと瞼の裏に満天の星を湛えた天の川を見ることができるでしょう。ですから私は、あの曲はバッハが星空を眺めながらそのインスピレーションを譜面にした旋律なのだと密かに信じているのです。(P53-54)
 

 

  <わたしの読書メモ>
 

初めてこの本を手にして、「星を眺めているとメロディが響きわたってくる。それも単調な音ではなく協奏曲なのだ。」と知ったとき、私は本当に驚きました。
 

はじめは、そんなバカなことはないだろう!?と思ったのですが、よくよく考えてみれば、物質には波動というものも存在します。光子や電子によってもさまざまな周波数を持ち波を発生させているわけですから、星々、星雲、銀河系といった光や物質の大集合体に耳を傾けてみれば、音を発していないわけがない。そんなふうに感じるようになりました。
 

しかし、その奏を実際に耳にしたり、脳裏に焼きつけることのできる人はめったに居ないのではないでしょうか。
 

その点で木内さんは、非常に稀有な能力の持ち主だともいえます。しかし、バッハもその奏を捉えていたことを考えると、むしろ私たち人間にはそのような能力が基本ソフトとして備わっているのだとも考えられます(譜面に落とせるかどうかはさておいて)。
 

人類が文明や科学技術を手にし、便利に暮らせば暮らすほど、本来持っていた能力をどんどん退化させてきたのではないでしょうか?
そしていつしか、そんな能力を持っていたことすら分からなくなっている・・・。
 

木内さんのように、自然に身を投じ宇宙に目を向ける。そんな大きな視点で感性を磨くことで、私たちもきっと「第六感」的な繊細な能力を甦らせることができるのだと、私は強く信じています。
 

フォーラムソラで展開する「宇宙(ソラ)の旅」もまた、このような能力を呼び起こすためのリーディングトリップなわけなのです。
 



こちらも合わせてお読みください


小林けん のフィード購読はこちら

■待望の一冊『検証の旅』発表

著者:小林けん/フォーラムソラ主宰
監修:木内鶴彦/彗星捜索家.臨死体験者

 ◆「検証の旅」立読みコーナー

■フォーラムソラについて

■オブザーバー木内鶴彦

■生き方は星空が教えてくれる

フォーラムソラのオブザーバー木内鶴彦さんの著書。“地球と共に生きる”すべての人に気づきを与える想像を絶する一冊。

■スケジュール

■カテゴリー