フォーラムソラ:検証の旅

小林 ケン

Profile

◆感動体験プロデューサーの
小林 ケンです。
~地球と共に生きる~
これが私のモットーです。

■2002年よりフォーラムソラを主宰。
『感動体験の舞台・地球』
この奇跡の星により良い環境を残すには?
人間本来の使命と役割を探し求め、地球を股にかけた温故知新の旅【検証の旅】を展開中です。
このブログを通じ、一人でも多くの皆さんと価値共有できれば幸いです。
■地球と共に生きる/since2002

Facebookページ

人気記事

サイト内検索

rss

RSSフィード購読はこちらから

Twitter

google

小林 ケン のフィード購読はこちら



■『検証の旅 出雲 ~スサノヲの真実に迫る~』レポート・サマリーはこちら



■フォーラムソラ待望の一冊『検証の旅』。誕生秘話から進むべき道が明らかに♪

★☆『検証の旅』kindle版の購読はこちら☆★


星の下で始まった顔の見えない交流会【生き方は星空が教えてくれる



おはようございます!

 
<今朝のフォーラムソラ語録>

星の下で始まった顔の見えない交流会

生き方は星空が教えてくれる(木内鶴彦著)より

 

●夜の山に来る人などほとんどいないだろうと思われるかもしれませんが、実際にはさまざまな人がやってきます。
星に興味を持っている人もいれば、そうでない人もいますが、話しかけてくる人の第一声はたいてい決まっています。
「わぁー、星がきれいだね」というのです。
 
●なかには、私が望遠鏡を空へ向けていることはわかるので、「望遠鏡で見たらよく見えるんでしょうね」と、いう人もいます。
素直に「見せて」といってくれればよいのですが、なかなかそうはいいません。近くにきているのだけれど、ちょっと遠巻きにするような感じでためらいがちにたむろしているのです。
 
●私はそういう人たちのために、いつもちょっと多めにコーヒーを持っていっていました。
カップにコーヒーを入れ、声を掛けてくれた人のところへ持っていくのです。
不思議なもので、「コーヒーでも飲みませんか」と声をかけるだけでは、たいていの人は遠慮して断ってしまいます。
でも、コーヒーの入ったカップを持っていくと、受け取って飲んでくれるのです。
カップを受け取った人は、自然と望遠鏡のそばに集まっていきます。
そしてコーヒーを飲みながら、いろいろな話をはじめるのです。
 
●深夜の山ですから、辺りは真っ暗でお互いの顔もはっきりとは見えません。
それでも話をしていくうちに、声の調子で相手が心を開いてくれたのがわかります。
(中略)
 
●ときには「あっちの空は明るいでしょ、あれは東京の街の灯りでね」などと、星の話から地球環境の話にまで発展させます。
楽しいひと時を過ごした人は、しばらくすると今度は友達や家族を連れてまたやってきます。
そうしていつの間にか私の観測ポイントは、夜の観測会のようになっていったのです。
(P44-48)
 
 
<わたしの読書メモ>
星の観測をしているときは、「一日の平均睡眠時間は四時間ほど、慢性的な肉体疲労と睡眠不足、特に冬は寒さが半端でなくて、体はもう大変!」
でも、「彗星探索にはそうした苦労を差し引いてもあまりある喜びや楽しさがあるのだ」と木内さんフォーラムソラの講演会の中でおっしゃってました。
 
その「あまりある喜びや楽しさ」の中に、このような心温まる、本当の意味での交流があるのだと思います。真っ暗闇ですから、目で見る情報ではなく、耳や、感覚、感性など、動物的な感受性を使って相手と価値共有していく。
 
その過程がいつもにはない、深い関係性を醸し出してくれるのではないでしょうか?
星の話から宇宙の話し、それがついには身近な環境問題へと展開していくとき、「地球と共に生きる」という共通のテーマと深い愛情が醸成され、場を満たしてくれるのではないでしょうか。
 
言葉では表すことのできない、素晴らしい気付きや価値を共有できる場。そんな場が、あまりある喜びや楽しさの一つでもあるのではないでしょうか。
 



こちらも合わせてお読みください


小林 健 のフィード購読はこちら

■待望の一冊『検証の旅』発表

著者:小林 ケン/フォーラムソラ主宰
監修:木内鶴彦/彗星捜索家.臨死体験者

 ◆「検証の旅」立読みコーナー

■生き方は星空が教えてくれる

フォーラムソラのオブザーバー木内鶴彦さんの著書。“地球と共に生きる”すべての人に気づきを与える想像を絶する一冊。

■お問合せ/入会申込

■スケジュール

■カテゴリー